箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

『ライオン・キング』さらっとすごいことやってる感

1年でこんなにディズニー作品を観ることになるとは・・・

というか、今年自分にしては映画館によく行ってます。この夏の映画、豊作すぎませんか?

というわけで、いよいよ待ちに待った『ライオン・キング』を観てきました!実写ではなく、フルCGの「超実写版」・・・らしい。単なる「すっげー」の意味合いでの「超」ではなく、「実写を超える」という意味での、まさに「超」なんですね。

あらすじ

もはや説明不要かもしれませんが念のため。

命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。(ディズニー公式HPより引用)

  

映像美がすごすぎて逆に・・・

2D吹替で鑑賞しました。まず第一に・・・映像(CG)がとんでもないことになってます。ついにここまで映像化できる時代が来たのか・・・と唖然。草木や雲、水をCGで映像化するのって大変なことなんですよね。

リアルすぎて、油断すると“普通”に観てしまうんです。とんでもないことをやってのけているのに、サラッと観てしまう。右上に「※これらはすべてCGです」って書いてもいいんじゃないか?笑 そのぐらい自然にできていました。こんなものが1000円台で見られるなんて!!というありがたみがもっとほしい。(んなこと言っても、どうしようもないのだが)

ただ、リアルを追求したことによって動物達の表情に「喜」と「楽」がないので、難しいな~と思いました。表情はほしいけど、あのリアルさでライオンが二カッと笑ってたら変だよな~(笑)やっぱりこれはこれでいいのか。それにしても本当にあの技術には圧倒されました。鑑賞するなら、iMAXとかがいいんだろうなぁ~。

ミキ 亜生さんのティモンすごくない?

サラッとすごい映像美を見せつつ、吹替版の声優にも驚愕。ミキの亜生さん、何者なんですかってぐらい上手でした。ストーリーも音楽も、全体的にアニメの『ライオン・キング』そのままだったのですが、あの世界観が全く損なわれていませんでした。これもまたサラッとすごいことだと思います。本家を壊さないってきっと難しいことですが、むしろ「こっちはこっちで素晴らしい!」と思えました。『ハクナ・マタタ』、歌番組とかでやってほしいな~。

 

そんな感じで、『ライオン・キング』すごかった。3Dでやってるみたいなので、3Dでも観てみたいな~。虫が飛び出るのは嫌だけど~。