箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

『シンデレラ3』もはや悲劇のヒロインではない

あらすじ

『シンデレラ』の方はあらすじを書くまでもないと思うので省略。ラストで王子と結婚したシンデレラですが、なんとその後、魔法できれいなドレス姿に変身していたことを知った継母がフェアリーゴッドマザーから魔法の杖を取り上げてしまうというのが本作のお話。継母はフェアリーゴッドマザーを石に変えてしまい、アナスタシアを王子の結婚相手にしようと目論み・・・

感想

以下、ネタバレありです。(『シンデレラ2』のネタバレも含まれます。)

 あらすじをもう少し掘り下げると、継母はその後王子がガラスの靴の持ち主を探すところまで時間を戻し、王子に魔法をかけて舞踏会で踊ったのはアナスタシアだと記憶を改ざんします。シンデレラは魔法の杖を継母から回収しようといつものネズミたちと協力して奮闘しますが、城からつまみ出され島流し的に海外行きの船に乗せられてしまいます。結局王子はアナスタシアに対する違和感が拭えず、自分が踊ったのはシンデレラだということに気づきます。再び結ばれた二人。しかし結婚式で、今度は継母がアナスタシアをシンデレラの姿に変えて本物は追いやり、無理やりアナスタシアと王子を結婚させようとします。結局王子の活躍で継母の暴走は引き留められるのですが、アナスタシアはシンデレラと王子の仲を見て、本当の自分を愛してくれる人を探したいと思い反省しました。

 

こんなお話でした。本作はもはやおとぎ話やプリンセスストーリーではなく、シンデレラがとにかくアグレッシブで

  • 馬に乗る
  • 階段の手すりを尻でスライディング
  • 杖を奪い返すため部屋に忍び込もうと清掃員を装い(顔は見えないが服装は普段のまま)、変な声で「掃除の者で~す」と言いながら侵入

サスペンス系のアクション映画でも観てたのかというぐらい戦ってました。シンデレラすごく強くなってます。ただし継母も意地の悪さがレベルアップしているので、なかなか勝負がつきません。継母はヴィランズ入り可能なぐらい魔法を活用します。王子との結婚に対する執着すごい。

観てる側としては当然シンデレラを応援するのですが、王子に会いに行って自分が舞踏会で踊ったんだと思い出させようと訴えかけるシーンでクスクス笑いながら「ほら、私よ~」と言うのがちょっとだけ気色悪いと思っちゃいました。笑 何も知らないのにあんな調子で来られたらちょっと引いてしまう。

シンデレラ、鉄のメンタル

『シンデレラ2』以降、シンデレラがちょっと我が強い気がします。2では王子との結婚後に城で開かれる様々なパーティーをシンデレラが仕切るという話があるのですが、城でのふるまいのルールを覚えきれない彼女はそれまでの古いしきたりを破って新しいやり方を試みるんですね。カーテンは閉め切らずに開け、城の門を開放し、ダンスは斬新なものにして食事のデザートはプルーンをやめる、など。

古いしきたりにもなぜそうなったのかって背景があるはずで、それを知った上で変えていくんだったら分かるんですけど、「あたしこういうの嫌だー!」って突っぱねるのはどうなのだろうかと。門の解放するなら、セキュリティの体制見直したりするだろうし・・・(笑)デザートはプルーンじゃなくてもいいだろうけどもしかしたら何か重大な意味があったりするかもしれないし!

 

と、色々ツッコミながら見た本作ですが、テンポが良くて面白いことは面白かったです!ぜひ。

ちなみに、アナスタシアは『2』でも憎めないキャラです。