箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

『マイティ・ソー』ネタバレあらすじ

アイアンマン2』に続けて今度は『マイティ・ソー』を鑑賞!

完全ネタバレのあらすじを書いていきます。

主人公

 

ソー…アスガルドを率いる王オーディンの息子。王位継承の予定だったが、自信過剰で衝動的に行動してしまうことから、王に相応しくないと父に判断され・・・

ソーの追放

アスガルドとヨトゥンヘイムは休戦状態であった。かつてこの2つの世界の戦いはアスガルドが勝利し、ヨトゥンヘイムを率いていたラウフェイはパワーの源である“箱”をアスガルドの王 オーディンによって回収される。

時は経ち現代。アスガルドではソーの王位継承が執り行われていたが儀式の最中に大きな音があり、ただ事ではなさそうだと中断してしまう。オーディンがそこへ向かうと、“箱”を奪い返しにヨトゥンヘイムの者が侵入したというのだ。これに対し何も手を打たないオーディンを見てソーは反発するが、オーディンは休戦状態を保ちたい。喧嘩っ早いソーは仕返しをしに弟のロキを含む数名を連れ、独断でヨトゥンヘイムへ乗り込む。ソーは相応しい者だけが手にすることのできるハンマー ムジョルニアを振り回し次々巨人を倒すが、崖に追い詰められてしまう。そこへオーディンが駆け付け、謝罪してソー達を連れて帰る。オーディンはソーに大激怒し、ソーからパワーを取り上げ、ムジョルニアと一緒に他の世界へ追放する。

地球での出会い

ソーは追放されると地球へ落下し、その際ちょうど天文物理学者のジェーン達が走らせていた車にぶつかる。空に異様なオーロラが発生し、ジェーン達はそれを追いかけていたのだ。彼らは人をはねたと慌てるが、むくりと起き上がって動き回るソーを見て大丈夫そうだと察する。念のため病院へ連れていったが、病院で暴れ回り大騒ぎに。結局、ソーはあの夜空から降ってきたのではと感づいたジェーン達は彼を引き取る。この頃、別の場所に落下したムジョルニアは誰にも持ち上げることができず(相応しい者にしか扱えないため)S.H.I.E.L.Dがその場所一帯封鎖し調査していた。

※ちなみにS.H.I.E.L.Dはアイアンマン2にも名前が出てきましたが、アベンジャーズ計画に関わる組織です。

ソーはムジョルニアも地球に落下したことを知りその場所へ向かう。警備をボコボコにしてたどり着くも、彼にはもう持ち上げることができなくなっていた。そしてソーは取り押さえられてしまう。

ロキの秘密

 ロキは密かに気になっていることがあった。彼は氷の巨人と戦闘の際にやつらに触れられたにも関わらず、自分だけその部位が凍らなかった。普通ならば凍るはずなのに。そうオーディンに話すと、オーディンはロキの出生の秘密について語り始める。なんとロキはラウフェイの息子で、戦いで箱を回収した後オーディンに拾われた子だったのだ。激昂してオーディンに怒鳴ると、オーディンはその場で倒れてしまい長い眠りの期間に入ってしまった。(死んだわけではない)ソーも不在のためロキは勝手に王を名乗り始める。そしてヨトゥンヘイムに赴き、彼はオーディンを暗殺してもらう代わりに“箱”を返すことを提案する。しかも、ソーの王位継承の時に氷の巨人をアスガルドへ導いたのも彼だったのだ。ロキ、とんでもねえやつ。 

ソーが世界を救う 

ソーが地球で拘束されている間にロキが接触してきて、オーディンは亡くなったと告げる。(もちろん嘘)また、そのためソーをアスガルドに連れ戻すことが難しいと告げ、ソーは騙され涙を流す。

釈放された後の晩、ジェーンと語り合い自国の話をするソー。二人はいつの間にかいい感じになっていた。国にはもう戻れないと覚悟し始めるソーだったが、一方でアスガルドではソーを連れ戻そうと、ソーの仲間たちが地球へ渡った。感動の再会もつかの間、彼らの知らせによりソーはロキに騙されていたことを知る。そしてロキはデストロイヤーにソー達の後を追わせ、地球の町のど真ん中で戦闘に。なんとジェーン達を守ろうと必死になるソーの元に、未だS.H.I.E.L.Dの管轄下にあったムジョルニアが飛んで戻ってきた。これによりソーはパワーを取り戻す。急いでアスガルドに帰ろうとするが、ジェーンとソーはキスを交わし、ソーは必ず地球に戻ってくると約束した。戻ったソーはロキと直接対決すると、ロキはヨトゥンヘイムを破滅させようと何やらアスガルドから光線を飛ばし始めた。これを食い止めるには世界と繋がる橋を壊さないとならないが、同時にジェーンに会えなくなることを意味する。だがソーはヨトゥンヘイムを救うため橋を壊した。その衝撃でロキは宇宙へ飛ばされそうになるが、またしても間一髪で目を覚まし駆け付けたオーディンとソーに手を捕んでもらえたが、ロキは自ら手を放す。ソーは再びジェーンに会えることを願いつつ、王になるためにまた頑張ることを誓った。 

感想

最初の頃のソーは、考え無しすぎてほんとイライラしました。笑 私がオーディンでもソー追放するわい。けどジェーンに出会ってからは別人のようになりました。いい女は男を変えますね・・・!

あと、戦いのどんな場面でも大活躍のムジョルニアですが、横たわるロキの上に置いて動けないようにしてるのなんかちょっと笑っちゃいましたw「あ、そのような使い方も・・・!」みたいな。斬新に見えるけど逆にあれは説明書に書くとしたら最初の方の『基本の使い方』かもしれない。だってムジョルニアの基本情報が「高潔な者以外持ち上げることもできない」ですもの。