箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

~体験談~食べ物の過剰摂取は良くない~

何でも、偏り過ぎはよくない。偏見に偏食。ずっと同じ人としかいなければ考え方も偏るし、同じ物を食べ続ければ栄養も偏る。特に食べ物に関しては場合によって毒となる危険もあるから注意が必要だ。 

みかん

みかんはまだかわいいもんだ。私はみかんが大好きで、どのぐらい好きかと言えばブログのタイトルにしてしまうほどだ。冬になると箱で。少なくとも2個、多い時は10個食べる。しかし、この調子でいると必ず足の裏が黄色くなるのだ。都市伝説かと思っていたが、これは個人的には本当の話だと思っている。 

豆腐

お腹に優しい豆腐なら大丈夫だろう、というか豆腐の食べ過ぎについて気に留めたことすらない。だが、外食で豆腐料理の店に行って豆乳鍋を食べた時、豆乳でひたひたになった豆腐を大量に食べたところ、見事にお腹を壊した。それも少しの腹痛ではなく、完全にピーピーであった。 

にんにく

一番やばいのはにんにくだと思っている。昔、母が作ったバーニャカウダが美味しすぎて、大量に食べてしまった。後から知ったが、生のニンニクの食べ過ぎはやばいらしい。そんなことも知らず私は300mlぐらい入る瓶の半分ぐらいを食べてしまった。

夜中、経験したことのない腹痛に襲われた。

「これはまずい!!」

そんな意識も遠くなるほど気分が悪くなった。トイレに行こうにもたどり着けず、バタリと倒れこんで床を這いつくばった。顔面蒼白であった。

そして、上からも下からも出る気配がない。出せば楽になるのに!しばらく休んでからトイレに行くと、ちゃんと出すことができた。あれ以来、ニンニク恐怖症だ。