箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

Honey Bitter 完結!最後に思ったことは・・・

発売されたら必ず単行本を買っている数少ないシリーズ、小花美穂の「Honey Bitter」が14巻でついに完結しました!昔から好きな漫画家さんなので、また長いシリーズが読めて楽しかったです。こどちゃとのコラボもあったり。 

Honey Bitterの大雑把なあらすじ

 

主人公の珠里は相手の心が読める能力者。この能力は一族で受け継がれるものだが、珠里の母親には能力がなく、珠里は母親の心をしばしば言い当ててしまい親子の仲は最悪に。見かねた叔母が自分の探偵事務所に珠里をスカウトし、様々な事件の解決にその能力を役立ててもらうことに。

 

全巻通しての感想(ネタバレあり)

 

陽太を振るなら私によこせ~!

あれだけ大規模な事件が数々あったというのに、今一番思っていることはこれ(笑)

上に書いたあらすじに出てきてない名前突然出してすみません、陽太って誰よって感じですね。職場の同僚(バイト)で、珠里に猛アタックの末お付き合いをすることになった男の子です。そして陽太が入ってきたのと同時期に吏己(りき)って男も入社したのですが、なんとこちらは珠里の元カレ。つまり今彼と元カレがどっちも職場にいるカオス状態なわけです。

陽太と吏己は性格も正反対で、陽太は名前の通り太陽みたいに明るくて優しい性格。吏己は根暗で何を考えてるか分からないタイプで、珠里ですら心が読みづらい。

珠里は陽太と付き合いながらも、元カレの吏己がどんどん気になっていってしまいます。陽太は押されてだんだん好きになったけど、吏己は割と自分から好きになった相手。吏己は最初から男性として見ていたんですよねぇ。。

 

陽太は優しくて、珠里のことが大好きで常にLOVE全開。心が読める珠里は常にそれを感じ取ってしまいます。LOVEだけなら平和なものの、もやもやしていればそれも分かってしまうわけで、読みづらい吏己の方が居心地が良かった模様。

でも、、、相手から追いかけてもらえるって幸せだな~と、陽太を見てしみじみ思ったんです。それに、珠里も根暗なので陽太を選んであのまま新境地で生きていってほしかった、、、!心が読めちゃう珠里と、感情駄々洩れで読みやすい陽太では色んな苦労はあるだろうけど、そこを二人で乗り越えて行こうや!って前向きになる展開が個人的には見たかった~~。

 

陽太推しだったもので陽太の話ばっかりになっちゃいましたが(笑)珠里が数々の事件を解決していく様子も読み応えがありました。色んな大きい事件があったけど、小さい事件の方はめちゃくちゃリアルで怖かった!サスペンス好きな人はおすすめです。ぜひ、自分なら陽太と吏己どっちにするか迷いながら読んでください(笑)