箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

実写版ダンボは動物好きにはたまらないかわいさ

アニメーションのダンボは小さい時に観たことがありました。実写版を観に行くにあたり再度DVDを見返してみたのですが、人間のダンボとお母ちゃんに対する扱いが割と容赦なかったな。あと、酔っぱらうところは何度見ても秀逸(笑)どういう工程であの場面ができたのか気になります。

今日は、実写版の方のレビューです!

 

あらすじ

“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボは、サーカス団の仲間と共に、金儲けを企む興行師によって引き離された母象の救出に挑む!大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶファンタジー・アドベンチャー

ディズニー公式HPより

 

感想(ネタバレあり)

ダンボがかわいい~。表情豊かだけど違和感がなくて、今の技術はすごいんだなぁと思いました。一番かわいかったのはやはりシャボン玉のところでしょうか。

サーカスのシャボン玉の幻想的なパフォーマンスに見とれて、ふんふんと首を振るダンボちゃん。ちょいちょい『かわいいでしょ?』と言わんばかりにダンボを映すのがあざとかったwええ、かわいかったですよ。ワイプにしてずっと出しておいてくれても良いぐらい・・・

 

大きすぎる耳のせいで人々から笑われながらも懸命に前に進もうとするダンボを通じて、誰でもそのままの姿で輝けるということを伝えたかったんだと思うのですが、

ダンボがかわいすぎる故に、ちょっとその『ダンボが変な見た目』な設定には共感できなかったです。どこからどう見てもかわいいじゃん!と(笑)一般的な象に見慣れてないせいだとは思うのですが。あの耳、そんなに変かな?笑

 

あとはティムバートン監督ということで、シャボン玉のシーンはもっとトンデモナイ感じで描くのかと思ったら、意外と普通にきれいでした。チャーリーとチョコレート工場みたいに「???ww」とはならなかったです。笑 けど、シャボン玉のシーンが実写化されたこと自体に嬉しく思いました。

 

総括すると、面白かったー!というよりは、ダンボかわええー!な印象が大きく残りました。脳内で何度もダンボを撫でまわしました。

ダンボに影響されて、周りの大人たちがそれぞれ少しずつ勇気を出して一歩進む姿もじーんと来るものがありました。個人的に一番好きなキャラはミリーちゃん。冷静で賢い子なのに、火に囲まれてしまった高い台にいるダンボをとっさに助けに行こうとするところは勇敢でした。てっきり落ちる時に誰かが下でスタンバってくれるのかと思ったけど、その救済はなかったw

そういえばディズニーはこれからアラジンにトイストーリーにライオンキングと、大作のオンパレードですね・・・!新海監督の最新作もあるし、今年の夏は映画がアツそうな予感。