箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

メルカリで気持ちよく商品を買ってもらうには

今年、メルカリを始めてみた。

捨てるにはもったいない物をいくつか持っていたので、どこかに売りに行こうかとも思ったのだが

わざわざお店に荷物持っていくのも大変だし…流行っているからやってみようと思い立った。

何回か出品してみて特に悪い評価をされることなくやってこれたので、自分で気を付けてみたところを紹介する。

①商品説明は詳細に書く

  • 製品の正しい名称
  • いつ買ったか
  • どのぐらいの頻度で使っていたのか
  • 商品の状態

これらは最低限書いた方がいいだろう。商品を手に取って確認できないから不安な分、どのぐらい新品から劣化しているか分かると相手も安心して買えるし、質問などのやり取りも減ってお互い楽だ。

個人的には、製品のHPに書いてありそうな内容より これらの情報の方が重要だと思っている。

 

また、上記以外にあると尚よいと思っている項目は「なぜ売ることにしたのか」だ。

結局売るというのは「不要になったから」に間違いないのだが、「手違いで2個手に入れてしまった」とか書いてあると、ワケあり商品感が薄れる。 

②商品の状態は正直に

基本的なことだが、商品を売りたいがために状態を盛って書くことはやめておいたほうがいい。ネットでよく見る購入者の不満の多くが「美品って書いてあったのに汚かった!」というコメントだからだ。

なんなら正直に傷がついているところをアップで写真に撮り、「ここに傷があります。気になる人はご遠慮ください。」と注意書きをしておいたほうが相手とのトラブルも軽減されるだろう。

 

③梱包はきれいに

これも購入者の不満の元になる要素だ。(特に女性は)

基本的なこととしては、割れ物なら緩衝材を入れる。本なら曲がらないように厚紙を一緒に入れる。

この辺のものは100均でも買えるから、ケチらずに用意しよう。

お店で買ったかのような…とまではいかなくても、曲がりなりにも「物を売る」のだ。きれいに梱包すれば相手も買ってよかったと思ってくれるに違いない。

④対応は迅速に

対応とは相手への連絡と、荷物の発送両方を指している。まず相手からメッセージが来たら、早く返そう。「相手も日中働いているかもしれない」とかは買い手もわかっちゃいるとは思うが、やっぱり連絡が早いのはポイント高い。

荷物の発送だが、商品は売れてから一から梱包ではなく、事前に箱に入るかチェックして、あとはガムテでとめてちゃんと詰めるだけ!という状態にしておくとよい。

すぐに送れるからというのもあるが、送る時になって「商品の発送方法を間違えていた」とか「ちゃんと測ったらサイズ超過していた」ということがあると、修正作業やら連絡が面倒だ。らくらくメルカリ便で送るならば本当にちゃんと送れることをチェックしてから出品しよう。

 

以上、あくまで個人的な感想ですが、よかったら参考にしてください。