箱入りみかんどっとこむ

映画・ドラマ・時々雑記。

魔法少女ならぬ、魔法おばば

 先日職場の人とドラマや漫画の話をしていたらこう言われた。

「へえ、みかんさん魔法系が好きなんですね!(笑)」

・・・自覚はなかったがたしかにそうかもしれない。ちなみに好きなものはこれらだ。

並べてみたら見事に魔法とか超能力系、というかファンタジー多めだ。これだけ露骨なのに気づかなかったとは。

なんなら大好きなドラえもんも、ある意味一種の魔法使いだし。(ドラえもん本人はこう言われると、よく自分の道具は「科学によるものだ」と表現している)

 

なぜそんな話になったかと言うと、アマゾンプライムで何を見るか~というところから始まって、私があるドラマを勧めたところからだった。

それがこちら。

 

まほうのレシピ

 

これはもうタイトルにもろに魔法が入っていて、タイトル聞いただけでわくわくしちゃう。(こんなやつが魔法好きに自覚がなかったことが不思議だ。)

アマゾンオリジナルの作品らしい。原題は「Just Add Magic」。魔法を入れるだけ。ジェスチャーで「ちょっとだけね」という手の仕草が目に浮かびそうなおしゃれなタイトルだが、うきうき感で言えばまほうのレシピが勝る。

 

あらすじはこんな感じ。ある時レシピ本を自宅で見つけた少女がそれを使って友人と3人で料理をするのだが、なんとそのレシピ通りに作った食べ物を食べると魔法にかかってしまう。

3人はこのレシピ本によって様々な冒険をしていくことになるのだが、しばらく人との意思疎通が困難になっていた主人公の祖母の秘密も次第に明らかになっていく―

(それっぽくまとめてみた。)

 

まず、単純に視覚で楽しめる。毎回、作る料理がどれもおいしそうで、特にお菓子系はかわいい。

調理のシーンは「ほらほら、おいしそうでしょ~」と言わんばかりにスローモーションになり、Facebookのレシピ動画に載せるために作ったような素敵さがある。

どんなにシリアスな状況であろうともこの演出だけは削らない。

どれもおいしそうだけど「そっくりキャロットケーキ」というシフォンケーキっぽいやつとかは特においしそうだった。キャロットなのに茶色くてどうもチョコレートが入ってるっぽい。マカロニチーズはその名の通りだが、シンプルイズベスト。夜食につまみたい。

ちなみにネーミングが一番好きなのは「脳みそぶっ飛びボロネーゼ」である。どうなるかはネタバレになるので控えよう。

 

ストーリーは基本1話完結型だが、シーズン1は先述したように祖母がなぜしゃべれなくなったのか?が大きなテーマとしてその解決に向かっていく。

実はこの背景がなかなか複雑で、後半は話が一気に展開していく。私はこのシリーズ一気見してしまった。シーズン1、2がありシーズン2はたしか前半後半分かれているので結構なボリュームだったが、それでもまだ全然飽きない。ちなみに3は1月に配信が始まるとの噂。

 主役の女の子たち3人もかわいい。私のお気に入りはダービー。お調子者で、ハリポタでいうところのロンだ。

3人ともどんな大人になるんだろうか・・・おばちゃん楽しみだな。

 

アマゾンプライム、せっかく入っているので他にも面白いものを発掘したい。できればファンタジーで。